よくあるご質問

記載以外の質問をご希望の方は、お電話(フリーコール)もしくは問い合わせフォームよりお問合せください。

お問い合わせフォーム

お仏壇の置き場所について

  • 仏間がない場合、お仏壇はどこに置いたら良いですか?

    回答

    仏間以外でお仏壇が置ける場所には、床の間・居間・洋間や押し入れを改造して仏間を
    造る方法などがあります。
    お仏壇の置き場所で、必ずこうでなければいけないという決まりはありません。
    お給仕しやすい、お参りしやすい場所にされると良いでしょう。

    詳細はこちらをご参照ください

  • お仏壇の向きが気になるが、どうしたら良いですか?

    回答

    お仏壇の向きは、必ずこうでなければいけないという決まりはありません。
    最近では住宅事情もあり、ご安置場所が限られてしまうケースも多々あります。
    お仏壇の向きを気にされるよりも、お給仕しやすい、お参りしやすい場所にされると良いでしょう。
    それでも気になる方はお仏壇の向きに関する諸説をご紹介します。

    詳細はこちらをご参照ください

  • お仏壇を置く予定の場所が狭いのですが、どうしたら良いですか?

    回答

    置く場所の寸法が狭い場合には、他に最適な場所があるかを検討してみることも良いでしょう。
    どうしても他の場所がないという場合は、スペースを取らない奥行きが浅いタイプなどのお仏壇もご用意しております。
    当社の専門アドバイザーに置く場所の寸法を測らせていただければ的確なご提案ができます。

  • 客間にお仏壇を置いても良いですか?

    回答

    問題ありません。
    お仏壇の置き場所で必ずこうでなければいけないという決まりはありません。
    お給仕しやすい、お参りしやすい場所が一番良い場所ではないでしょうか。

  • 階段下に、お仏壇を置いても良いですか?

    回答

    基本的に問題ありません。
    最近では住宅事情もあり、ご安置場所が限られてしまうケースも多々あります。
    どうしても心配される方は他の場所もご検討いただくか、当社の専門アドバイザーに
    ご相談いただければご提案もさせていただきます。

  • 大きなお仏壇を置いた場合、床は大丈夫でしょうか?

    回答

    一般的な3尺仏間用のお仏壇の重さは50〜60kg位です。
    大人の男性一人が乗って問題がなければ大丈夫でしょう。
    但し、お仏壇の大きさ材質などでも異なるため、当社の専門アドバイザーにご相談ください。

  • 家を新築する予定ですが、仏間はどのくらいの大きさで造ったら良いですか?

    回答

    先に気に入ったお仏壇を決めてから、そのお仏壇に合わせて仏間の寸法を決めるのが良いでしょう。お好みのお仏壇に合わせて仏間を設計することできれいに納まります。
    「お仏壇は、ゆくゆく」とお考えの方は、将来どのくらいの大きさのお仏壇にするかをお決めいただければ仏間の寸法も決まってきます。

お仏壇の購入について

  • 自分は分家で誰も亡くなっていませんが、お仏壇を購入しても良いのでしょうか?

    回答

    もちろん良いです。
    大変素晴しいことですね。お仏壇は今ここに健康で暮らせることをご先祖様に感謝する場所です。分家でもご先祖様はおります。そのご先祖様のご供養は本家が行っているから良いということではなく、ご自分でもご自宅で行うことが大変素晴らしいことだと思います。

  • 何もない時にお仏壇を購入すると、良くないことが起きると聞きましたが本当ですか?

    回答

    全くの迷信です。
    お仏壇を生前にご安置することを「寿院(じゅいん)」と言います。
    今までの罪や汚れ、身体の悪い部分を祓はらい落とし、新たに生まれ変わると言われていることから、長寿を約束されると言われています。
    また、お仏壇を購入する理由としてお仏壇をお持ちでないお宅でご不幸がおきたときに、購入される方が多いことから、そのような迷信が出てきたのです。

  • 家族に不幸があったばかりでまだ気持ちが落ち着かないのですが、すぐに用意しなければいけませんか?

    回答

    あせってご用意する必要はありません。
    ただ、いつまでもそのままにしておくことの方が、落ち着かないのではないでしょうか?
    多くのお客様からお仏壇を入れたことにより、一区切りでき心が落ち着いて良かった、とお聞きします。
    お気持ちもお察ししますが、亡くなった方へのご供養として、出来ることであれば四十九日法要までにご用意されるのがよろしいでしょう。

  • お仏壇を購入するのに良い時期はありますか?

    回答

    思い立ったが吉日です。
    お仏壇を購入しようと思ったときが、一番良い時です。
    故人のご供養であればご法要の四十九日までにご購入される方がほとんどです。

  • お仏壇を納めてもらう日に良い日はありますか?

    回答

    いつでなければいけないという決まりはございませんので、特に気にされる必要はないでしょう。

  • 予算があまりないのですがお仏壇の価格はいくら位からありますか?

    回答

    コンパクトな2万円代のお仏壇からお仏壇の各サイズによって豊富に取り揃えております。
    お支払方法も、クレジットも取り扱っておりますのでご安心ください。

  • お仏壇はいくら位予算をかける人が多いのですか?

    回答

    皆さんそれぞれご予算が違いますので一概には言えませんが、50〜80万円位が多いです。
    ですが、皆さんその時の精一杯の想いを込めてなさっていることですから、あなたの想いを込めて今できる精一杯のことをなさってあげられればよろしいと思います。

  • お仏壇はローンでも買えますか?

    回答

    お支払方法にはクレジットカードやショッピングクレジットも取り扱っておりますのでご安心ください。

お仏壇の種類について

  • お仏壇は宗派によって何か違いはありますか?

    回答

    浄土真宗の場合は金仏壇をお勧めします。
    ご本尊・脇尊は宗派によって変わります。仏具は、浄土真宗は専用の仏具をお勧めします。

    詳細はこちらをご参照ください

  • お寺に金仏壇を買うように言われていますが、そのほうが良いのですか?

    回答

    宗派によって考え方があります。
    ■浄土真宗の場合
    基本的に、ご住職様が言われるとおり、金仏壇がよろしいでしょう。
    なぜかと言いますと、金仏壇はそもそもご本尊である阿弥陀如来の極楽浄土(光り輝く光明無量世界)を表現したもので、浄土真宗の象徴といえます。
    ■浄土真宗以外の場合
    お仏壇は心の拠りどころとなるため、毎日手を合わせたくなるお仏壇が良いですので、気に入ったお仏壇をお選びください。

  • カトリックでも祀れるお仏壇はありますか?

    回答

    ございます。
    洋風タイプのモダン仏壇をお勧めします。

    モダン仏壇はこちらをご覧ください

  • 洋間に置くお仏壇はありますか?

    回答

    ございます。モダン仏壇をお勧めします。
    最近の住環境の変化にも対応した様々なタイプのお仏壇をご用意しております。

    モダン仏壇はこちらをご覧ください

  • どんな材質のお仏壇が良いですか?

    回答

    お仏壇の材料には世界各国から厳選された様々な銘木が使われています。
    お仏壇として使用される銘木には下記の条件を満たしていることが大切です。
    1. 木質の格調が高い
    2. 強度があり耐久性に優れている
    3. 菌や虫に侵されにくい
    4. 乾燥性が良い
    5. 木質が緻密で杢目が美しい
    6. 時が経つごとに気品が高まる

    詳細はこちらをご参照ください

  • お仏壇の値段の違いって何ですか?

    回答

    お仏壇の値段を構成するものは大きく分けて2つです。
    1つはデザイン(造り)の違いで、もう1つは工法による違いです。
    お仏壇はとても高価な買い物です。しかし、ただ安いからと買ってしまい後々に後悔する方もおいでになります。
    お仏壇の値段の基準を理解し、納得いくまで検討を重ねることが大切です。

    詳細はこちらをご参照ください

  • 分家なので本家より大きな仏壇にはできないのですが、どうしたら良いですか?

    回答

    今は本家分家の関係ですが、代が替わっていくとだんだん関係も遠くなり、わからなくなって
    しまうこともあります。
    これからあなた自身が本家となっていくのですから、後世のことを考えて大きさよりも
    「毎日お参りしたくなるようなお仏壇」をお選びになることが大切だと思います。

仏具について

  • お位牌はいつまでに用意したら良いですか?また、白木のお位牌はどうしたら良いですか?

    回答

    基本的には四十九日までに本位牌をご用意したほうが良いです。
    四十九日を界に霊が仏になると言われております。
    白木の位牌は、本位牌をご用意したらお寺さんにお願し引き取っていただきます。

  • お位牌がたくさんあるのですが、どうしたら良いですか?

    回答

    3つの方法がございます。
    1.「○○家先祖代々之霊位」の本位牌をつくり、今あるお位牌は過去帳にまとめる。
    2.今あるお位牌を回出位牌にまとめる。
    ※ 今あるお位牌はご住職様にお魂抜きをしていただき、基本的にはお寺さんでご供養していただきます。
    ※ 目安として三十三回忌が過ぎた方をご先祖様のお位牌にまとめる方が多いです。
    3.今あるお位牌が全てご安置できるお仏壇を選ぶ。

  • 分け位牌を祀りたいのですが、お仏壇は必要ですか?

    回答

    必要です。
    お位牌は故人そのものをあらわす大切なものです。
    お位牌だけそのままご安置するのではなくお仏壇や厨子をご用意し、屋根のあるところへ
    ご安置してあげてください。

  • 宗派の違うお位牌を一緒のお仏壇でお祀りしても良いですか?

    回答

    ご家族で相談していただき、皆さんが納得していただければよろしいですが、
    お寺さんによっては、好まれない場合がありますのでご相談されると間違いないです。

  • ご本尊はどうしても必要ですか?

    回答

    仏様のご供養を仏教で行っていくということであればご用意してください。
    ご本尊は信仰の対象として寺院、お仏壇の中央にご安置する仏像ですので必要です。

  • お仏壇を買い替えるにあたって、ご先祖様から大切にしてきたご本尊はどうしたら良いですか?

    回答

    3つの方法がございます。
    1.そのまま、新しいお仏壇にご安置する。
    2.新しいお仏壇にあわせて、ご本尊も買い替える。
    3.仏像はお洗濯をし、きれいにする。

お支払いについて

  • 支払い方法は何がありますか?

    回答

    各種クレジット、Amazon Payがございます。
    ※分割払いが可能なカードブランドは VISA・Mastercard・JCB・American Expressとなります。

Copyright (c) Ikkyusan No Hanaoka CO., LTD.All Rights Reserved.
ページトップへ